当社製品について

顆粒タイプ、錠剤タイプをご用意させていただいており、お客様が飲みやすい形状を自由にお選びいただけます。

また、フェルラ酸とガーデンアンゼリカの配合比率の割合をかえたものを3種類、またハーブとして知られる「バコパモニエラ」を配合したタイプを含め、6種類の商品をご提供させていただいております。

また、株式会社シクロケム社独自の技術により「γシクロデキストリン」(環状オリゴ糖)で、フェルラ酸を包接化しナノカプセル化することに成功いたしました。

包接化により、フェルラ酸の代謝時間が通常のフェルラ酸に比べ約6時間長く、12時間になっています。代謝時間が長いということは、効果の持続時間が長いというメリットがあります。

埼玉医科大学教授の森隆先生によりますと、ナノカプセル化されたフェルラ酸は「血液脳関門(blood-brain barrier)」を通過しやすくなるということです。

つまり、通常のフェルラ酸の大きさでは通りにくい脳内の道を、フェルガードのナノ化したフェルラ酸は通過しやすく、分子レベルでの効果が高まります。

他社商品との比較

弊社商品 他社商品
形状 顆粒タイプ、粒タイプをご用意。 顆粒タイプ、カプセルタイプ
商品種類 ガーデンアンゼリカとフェルラ酸の含有用の配合比率や形状の違い、そしてフェルラ酸に加えバコパモニエラを配合した種類を含め6種類をご提供。 ガーデンアンゼリカ、フェルラ酸の配合比率は1~2種。
特徴 フェルラ酸をナノカプセル化し、フェルラ酸が脳内の狭い部分に移行しやすい。

▲ PageTOPに戻る