今年グロービアが取り組むこと 皆様へ3つのお約束

昨年(2014年)12月に薬剤師の方々向け医学書-OTCメディケーションにフェルガード®が掲載されました。 これは、フェルガード®がたくさんの基礎試験、臨床試験を行ってきた成果だと誠に勝手ながら自負致しております。

ここで『今年グロービアが取り組むこと 皆様への3つのお約束』を述べさせて頂きたいと思います。

  1. 安全性、有効性を測るために基礎試験、臨床試験を取り続けていくこと
    フェルガード®は、既にご病気の方、予防を真剣に考えている方にお飲み頂いているために常に複数の基礎試験、臨床試験を行っています。 私どもが他のサプリメントとは桁違いに多くの試験を行っている理由は、フェルガード®をお飲み頂いている皆様のご要望、ご質問にデータとして科学的な根拠で回答するためと、常により良い製品の開発に取り組んでいるためです。
     
  2. フェルラ酸の代謝時間の長いものの使用を継続していくこと
    フェルラ酸は代謝が非常に早く6時間後には完全に代謝され体内から消えてしまいます。 私どもは微量ながらもフェルラ酸が体内に残ってゆっくり代謝される方が同じ量でも効果が長く続くのでは考えており、フェルガード®のフェルラ酸は、γシクロデキストリン(環状オリゴ糖)で包接したものを使用しております。(特開2009-196922) それにより微量ではありますが、フェルラ酸が体内に12時間留まっております。 このために私どもはフェルラ酸の効果を最大限に引き出し、同じ量でも効果が長続きしていると考えております。
     
  3. 本人だけでなく介護者を楽にする認知症医療の普及に取り組むこと
    私どもは、現在迎えつつある認知症激増時代に鑑み、フェルガード®製造販売にとどまらず、認知症医療の普及に積極的に取り組んでおります。
    本年3月1日に第一回目の開催を予定しております認知症治療研究会を全面的に支援しております。また本年4月には、千葉県市川市に認知症専門クリニックのオープンを予定しております。
    今までも様々な学会で臨床試験データ、基礎試験データを発表しておりましたが、このようなことだけでは私どもは認知症激増時代に貢献できないと考え、新しく研究会設立自体に関わり認知症医療の普及のために鋭意尽力していく所存です。 また我々の考える理想的な認知症医療を実現するために認知症専門クリニックをオープン致します。 私どもは認知症医療に真剣に取り組んでいきたいという医師を応援し、そのような先生が満足のいく医療ができる場を今後も提供していきたいと思っております。
     

これらのためにフェルガード®は、他のフェルラ酸サプリメントに比べて高額になっておりますが、上記理由をご理解頂き引き続きご支援頂けましたら幸甚です。 そして、フェルガード®の販売数量が増えた暁には前回の3つのお約束で申し上げました通り、価格をお下げ致します。

本年も弊社及びフェルガード®をご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

平成27年1月吉日
株式会社グロービア 代表取締役 村瀬 仁章

▲ PageTOPに戻る